子供を自動車に乗せる

子供を自動車に乗せるなら

子供を自動車に乗せる時には

6歳未満の子供を自動車に乗せる時にはチャイルドシートを装着することが義務付けられています。乗車時の病状等によりシートへの着席が困難な状態であったり、授乳やオムツ交換等、免除される場合もありますが、基本的には違反となり、罰金支払いの対象になります。また、6歳を超えていても身長が140㎝未満の場合、事故に遭遇した際にシートベルトにより首や腹部に怪我を負う可能性があります。身長が140㎝を超えるまではチャイルドシートを使用しましょう。小さな子供は急な自動車事故により衝撃などが起きた際に自分身を守ることが出来ません。大事な命を守るためにも適切な方法で使用しましょう。

子供とシートベルトと安全性

子供を自動車に乗せるときは、なるべく後部シートに乗せるほうが安全です。助手席に乗せて事故を起こした場合、エアバッグが凶器になることがあるからです。しかし、後部シートに乗せたから安心というわけではありません。きちんとシートベルトを着用するようにしなければなりません。はじめは嫌がるかもしれませんが、慣れさせる必要があります。なおチャイルドシートの上にきちんと座る習慣をつけておくと、意外と自動車のシートにも抵抗を感じないものです。ベルトをしているかいないかで、万一の事故の際のケガや死亡率が大きく変わってきます。子供の命を守るためにも親の責任としてシートベルトを着用させましょう。

↑PAGE TOP